京都滋賀脳神経外科グループ
グループ概要
福島先生の紹介
三叉神経痛の治療
特殊な三叉神経痛
顔面痙攣
舌咽神経痛
脳腫瘍
脳動脈瘤・脳静動脈奇形
血管内治療
ガンマナイフ治療
脊髄・脊椎疾患
パーキンソン病・本態性振戦の手術
お問合せ

TOP
ENGLISH
 

血管内治療

脳血管内治療とは開頭せずに脚の付け根からカテーテルと呼ばれる管を頭の血管まで挿入してX線透視の下、脳血管障害・脳腫瘍などの治療を行うことです。一般的な開頭術を行うより患者様への負担が少ないため、開頭に耐えられない患者様、心疾患などの合併症患者様にも行うことが出来ます。

脳動脈瘤の治療
プラチナコイルと呼ばれる器具を用い、脳動脈瘤の中にコイルを充填し破裂予防の治療を行います。

頚動脈、頭蓋内血管狭窄の治療
動脈硬化による血管の狭窄に対し、バルーンカテーテル(風船)と呼ばれる器具を用い狭窄している患部を拡張したり、ステント(筒状・金属製)を埋め込み血流を確保する治療です。

対象疾患
・脳動脈瘤
・脳動静脈奇形
・脳梗塞(急性期)
・硬膜動静脈瘻
・頚部内頚動脈狭窄
脳動脈瘤の治療
治療前 治療後
内頚動脈狭窄の治療
治療前 治療後


サイトマップ
京都滋賀脳神経外科グループ
Copyright (C) 2006 KyotoShigaNeurosurgeryGroup. All Rights Reserved.